有馬記念 過去のデータ

馬記念 結果 過去データから予想

有馬記念 データ

有馬記念は一年を締めくくる総決算のレース。

 

各馬が大レースで力出し尽くした最後に行われるレースなので、どれだけ調子落ちが少ないかが問われるレースである。

 

そのため、波乱を演出する名わき役の存在が欠かせないレースでもある。
記憶に新しいのは昨年のグランプリ。
高配当を演出したのはオーシャンブルーだった。

 

12月最初のGU金鯱賞を制した上がり馬は、大レースを使ってきた他の有力馬を尻目に末脚を伸ばした。牡馬2冠ゴールドシップの2段の末脚には屈したが堂々の2着に突っ込み、10番人気の低評価のうっ憤を晴らした。同様に2008年、2009年の有馬記念で3着に突っ込んできたエアシェイディ。

 

重賞を1つも勝ったことのないこのシルバー、ブロンズコレクターは、暮れの中山では部類の粘り強さを見せた。典型的な中山巧者、そして冬の寒い時期に良績を集中させた本馬は、善戦マンのためか豪華メンバーが揃う有馬記念では常に低い人気に収まっていた。

 

そのためは2008年グランプリでは三連単98万の超万馬券を立役者となる。そして忘れてはならないのが2001年、マンハッタンカフェが優勝した大波乱の主役、アメリカンボスである。有馬記念ではよくサイン馬券が持て囃される。何を隠そうこの筆者である私の友人が、この年の有馬記念でサインを読んだそうなのだ。

 

多くを語る事は出来ないが、このように有馬記念では、実力以上の力を発揮してしまう現象が良く見られるのだ。
すなわち、ローテーションと独特のレース形状を持つ中山2500m、そして暮れのこの時期の体調と、目を光らせておかなければいけないファクターが多数存在するレースなのである。

おすすめ記事

ファンファーレ 予想サイト 口コミ


有馬記念 過去のデータ記事一覧

JRA有馬記念1983〜1992レース結果

この年代の有馬記念として真っ先に挙げなければならないのは、シンボリルドルフが3歳3冠の後に勝った、1984年の有馬記念だろう。この年はそのシンボリルドルフに加え、前年の3冠馬でその年の天皇賞秋を勝利しているミスターシービーに、シンボリルドルフを押さえ日本馬として初めてジャパンカップを制したカツラギエ...

≫続きを読む

 

有馬記念1993〜2002名レース

この年代の有馬記念で、部類の強さを見せつけたのは、1994年、怪物ナリタブライアン優勝の年だろう。牡馬3冠路線で、皐月賞、日本ダービー、菊花賞と、G1をこなすごとに2着との着差を広げていく様は、まさに向かう所敵なしだった。この年の有馬記念は小粒とみられ、兄であり天皇賞春、宝塚記念の覇者ビワハヤヒデと...

≫続きを読む

 

JRA有馬記念の名馬2003〜2012

この年代の有馬記念で圧巻だったのは、やはりディープインパクトが勝った2006年の有馬記念であろう。前年の3冠馬であり、この年は凱旋門賞に挑戦して3着に敗れるものの、その飛ぶような末脚に、最強馬の評価は衰えていなかった。引退レースとなったこのレース。相手関係も2冠馬の3歳メイショウサムソン、天皇賞秋と...

≫続きを読む

 

有馬記念2013出走馬オッズ、レース展開結果を予想

今年を締めくくるグランプリは、国内最強馬といえる存在のオルフェーヴルが主役を務める。2011年の3冠馬で、その年の有馬記念はスローの流れを後方追走から抜群の末脚を繰り出して快勝。その後は、外に逸走して2着した2012年の阪神大賞典、ゴール前で内にササって惜敗した同年の凱旋門賞など個性を見せながらも高...

≫続きを読む

 

中山競馬場G1開催日に行った体験談

以前は、競馬を含め、ギャンブル全般において全く興味が無い…どころか、どちらかというと嫌悪感を抱いていたのですが引っ越した先が中山競馬場に電車等を使えば半時間程で行ける場所になりました。その環境でギャンブル好きの主人が黙っている訳もなく…ある時主人に誘われ、G1開催日に中山競馬場に行くことになりました...

≫続きを読む

 
  
競馬予想 ランキング