朝日杯フューチュリティステークス GT出走馬2013予想

今年の朝日杯は荒れるのか?

牝馬ながら果敢に挑戦するベルカント

 

新馬戦を圧勝し、2戦目の小倉2歳Sは道悪に苦しめられながらも2着に粘り、前走のファンタジーSは楽に逃げ切った。

 

相当なスピードを秘めているといえる。今回はマイルに距離が延びるが、レースぶりからは十分にこなせそう。直線の長い阪神ジュベナイルFではなく、牡馬相手でも小回りコースを狙ってきたところにも食指が動く。

 

ホッカイドウ競馬から参戦するプレイアンドリアルも楽しみな存在。前走の東京スポーツ杯2歳Sは正攻法の競馬で直線抜け出したところを、勝ったイスラボニータにクビ差敗れたもの。ただし、ゴール前で再度迫った内容は負けて強しといえるもので、同厩舎で海外GTを勝ったコスモバルクのような出世が期待される。

 

アトムも素質は相当高いといえる。メイクデビューを抜群の瞬発力を発揮して快勝し、続く前走のデイリー杯2歳Sもレコード勝ちしたホウライアキコにクビ差届かなかったとはいえ、メンバー最速の上がりを計時して追いつめた内容は勝ちに等しいもの。流れひとつで勝ち負けに持ち込める。

 

からまつ賞で進路が狭くなりながらも最内から鋭く脚を伸ばしたショウナンアチーヴ。器用さがあり、トリッキーなこの舞台にも難なく対応できそう。

 

引き続き軽視禁物だろう。京王杯2歳Sは1番人気を裏切る形になったモーリスだが、出遅れに加えて、デビュー2戦目で初物尽くしだった面も。レコード勝ちした新馬戦の勝ちっぷりからも巻き返しは十分に可能だろう。福島2歳Sが完勝だったエルカミーノレアル。

 

デビュー当初のひ弱さが抜けて軌道に乗ってきた印象だ。マイルをこなせれば上位食い込みも。

 

  
競馬予想 ランキング