JRAジャパンカップ 過去のデータ

ジャパンカップを制する馬の傾向

ジャパンカップ データ

例年有力馬が参戦する秋の古馬長距離路線。その中でも海外の有力馬を招待して開催されてジャパンカップは、ローテーション的にも天皇賞秋を叩いて2戦目のレースとなるので、最も有力馬が集まりやすいレースの一つといえる。

 

実力が拮抗したもの同士となりやすいこのレースでは、各馬が直線までけん制し合い、瞬発力比べとなりやすい。2012年のジャパンカップでは、前年の牡馬3冠馬オルフェーヴルと、その年の牝馬3冠馬ジェンティルドンナの戦いに注目が集まった。オルフェーヴルは4コーナーから馬群の外をじんわりと進出し、馬なりのまま先団に取りつく。内で虎視眈々と追い出す機会をうかがっていたジェンティルドンナがそれを見て追い出す。

 

ジェンティルドンナの急な進路変更が物議をかもしたが、直線はこの2頭の壮絶な追い比べ。斤量に勝るジェンティルドンナは最後まで抜かせなかった。2011年のジャパンカップも勝負は4コーナー過ぎ。前走天皇賞秋レコード勝ちのトーセンジョーダン、前年のジャパンカップ覇者ローズキングダム、昨年のダービー馬エイシンフラッシュ、女傑ブエナビスタらの壮絶な末脚勝負となる。

 

その中からクビさ抜け出したのはブエナビスタだった。

 

昨年の同レース、圧倒的な強さで1位入線を果たすも2着降着。その後チグハグなレースが続いてついに1年間GT勝ちを逃し続けたヒロインが、今までのうっ憤を晴らすかのような快勝で幕を閉じた。
どんなに追ってもバテない圧倒的な瞬発力を持つものだけが、ジャパンカップの勝者になれる。

 

おすすめ記事

ファンファーレ 予想サイト 口コミ


JRAジャパンカップ 過去のデータ記事一覧

第33回 ジャパンカップ(GI)(国際招待)予想2013

世界に通用する強い馬づくりを目標に創設されたジャパンC。当初は外国勢が圧倒していたが、徐々に力の差がなくなり、近年は日本馬が7年連続でVと強さを見せ付つけている。今年も地の利を生かせるJRA勢が主力を形成しそうだ。筆頭格は昨年、3歳ながら勝利を飾ったジェンティルドンナ。牝馬3冠を達成後はエリザベス女...

≫続きを読む

 
  
競馬予想 ランキング