菊花賞(きっかしょう) 過去データ

菊花賞の過去レース コラム

菊花賞 過去データ

近年の菊花賞の傾向を見ると、路線の難しさや日本ダービーの高速馬場の賛否が見えてくる。

 

まずは2012年、ゴールドシップが抜群の強さを見せつけたレース。

 

日本ダービーを快勝したディープブリランテが屈腱炎を発症したため回避。
同じくトーセンホマレボシも脚部の故障で引退。同じくダービー上位組のフェノーメノは距離適性を嫌って2000mの天皇賞(秋)に駒を進めた。

 

必然的に相手は前走で破った馬たちになってくるので、ゴールドシップが圧倒的1番人気になり、かつそれに応えるだけのシチュエーションだったのはうなずける。

 

その前年の2011年。

ここは規格外と言っていいオルフェーヴルの独壇場だった。
牡馬3冠ロードで連続2着の成績のウインバリアシオンもしっかりと菊の舞台で2着と、この世代ではこの2頭の実力が抜けていたと言ってよいのではないか。

 

そしてさらにその前年の2010年菊花賞。

この年は伏兵のビッグウィークが制した年であるが、2012年同様、主役級がいなかった年であったと言える。のちにドバイワールドカップを制するヴィクトワールピサがフランス遠征のため不在。また近年稀に見るハイレベルの日本ダービーを制したエイシンフラッシュも直前で回避をする。

 

春からの有力馬だとヒルノダムール、ローズキングダムの名前は挙げられるが、やはり小粒な印象はぬぐえない。
結果、夏の上がり馬であるビッグウィークの前に屈する事となった。すでにバブルガムフェローが3歳馬にして天皇賞(秋)を制してから、菊花賞に固執する時代はわっていたのかもしれない。


菊花賞(きっかしょう) 過去データ記事一覧

菊花賞 出走馬 レース予想 2013

3歳馬にとっては過酷な3000メートル戦。1990年の優勝馬メジロマックイーンがステップにした嵐山Sが廃止となったことで、3冠の最終戦は全馬初めての距離で行われる。そのため折り合いが最大の課題だ。今年は皐月賞馬のロゴタイプとダービー馬キズナが出走しないため、前出2レースでいずれも2着だったエピファネ...

≫続きを読む

 
  
競馬予想 ランキング