2013年 日本ダービー出走 予想

日本だーびー前哨戦から目が離せない

今年で第80回目となる東京優駿「日本ダービー」。前哨戦のGT皐月賞はレベルが低いと言われながらレコード決着となり、俄然注目のレースとなる事必至だ。

 

その皐月賞を勝ったのが今回のダービーでも一番人気になるであろうロゴタイプ。夏の北海道デビュー後は重賞やオープン戦に挑戦するも勝ちきれず。短期放牧を挟んで挑んだ500万下条件のベゴニア賞を1分33秒6の好タイムで完勝すると、続く2歳王者決定戦の朝日杯フューチャリティステークスでも圧倒的1番人気のコディーノを抑えてレコードでの勝利。明けて3歳の皐月賞トライアルGUスプリングステークスでも危なげない勝利。

 

皐月賞含め4連勝で臨む今回は、堂々主役を張れる存在と言ってよい。朝日杯でロゴタイプに敗れるまで断然と思われていたのがコディーノ。それまで重賞2勝を含む3連勝をした走りは、敵なしと目されていた。朝日杯2着後、同じく皐月賞のステップレースであるGU弥生賞に挑んだが、伏兵のカミノタサハラに足元をすくわれ3着。

 

続く皐月賞でも3着と、勝ちきれないイメージが付いてしまった今回は、コディーノにとって名誉挽回の舞台となるか。このコディーノとともに東西の横綱扱いされてきたのが皐月賞で2着に食い込んだエピファネイアだ。こちらは2歳チャンピオン決定戦の朝日杯には目もくれず、2歳暮れの出世レースGVラジオNIKKEI杯を勝ちあがり、デビューから3戦とも余力のある勝ち方で一躍クラシック候補となった。しかし続く弥生賞で主戦の福永騎手騎乗停止による乗り替わりで折り合いを欠き4着と惜敗。

 

巻き返しを狙った皐月賞では福永騎手が何とか我慢させ2着を確保。ダービーまでにさらなる気性の成長が見込めれば、逆転は可能だ。
この3頭の実力が上位だが、別路線組でこれに割って入れるとしたら、前走GV毎日杯で圧勝したキズナだ。

 

ダービー前のたたき台である次走GU京都新聞杯の結果が気になる所だ。

  
競馬予想 ランキング