日刊競馬新聞

中央、地方の両面で幅広い支持層がある日刊競馬。特に南関東4競馬場(大井・船橋・川崎・浦和)での日刊競馬のシェアは断トツのものがある。

 

新聞は、中央は土曜日分が金曜、日曜日分が土曜のお昼ごろから主要駅で、その後は順次コンビニ等でも発売が開始される。
南関東の競馬は枠順が2日前に決定するので、早い時は開催の前々日の夕方ぐらいに競馬場なので発売される。

 

日刊競馬新聞

 

紙面はカラーをふんだんに取り入れて見やすい仕様。馬柱も表記が分かりやすいといえるだろう。本紙の見解は明確な根拠で、初心者にも理解しやすい。その他の予想者もオーソドックスな予想で人気が計りやすいといえる。各予想者の厳選馬、推奨馬も各所に掲載。自分に合った予想家を見つけることも紙面を参考にする上で必要かもしれない。

 

レースのポイントもそのレースを的確にジャッジしていて、傾向をつかむことが可能だ。データとしては、過去の実績、コース適性、最近の成績、追い切り状態など予想に必要な項目の上位5頭を表示。

 

出走馬が相対的に評価されているので、馬券検討に直結しやすい。

 

コラムが充実しているのも特色。様々な角度からレースを分析する日刊競馬のメイン解説者・柏木集保氏をはじめ、日本を代表する血統評論家の山野浩一氏、人情味あふれる文章で読み手を引き込む作家の吉川良氏と、読み応えも十分に感じられるだろう。また、地方騎手や外国人ジョッキーを紹介。

 

活躍が目立つジョッキーの騎乗数が一目瞭然で知ることができる。

 

 

  
競馬予想 ランキング