オークス 過去データ

過去のデータからオークスの勝馬を予想!

オークス 過去データ

牝馬3冠の第2弾。1冠目の桜花賞が1600メートルで行われるが、そこから距離が一気に800メートル延びることもあり、実績馬が苦戦するケースも少なくない。

 

最も印象に残っているのは2009年。ブエナビスタが2冠を達成したレースだ。
桜花賞と同様に道中は後方を追走。4コーナーで大外から追撃体勢に入ったが、名手・安藤勝己騎手が珍しく迷いを見せた。
進路は開けているがバテた馬で進路が狭まる可能性のある内か、多少の距離ロスはあっても確実に行き場のある大外か―。

 

名手の一瞬の迷いが先頭集団からの距離を大きく広げる。単勝1・4倍と圧倒的な支持を集めた桜花賞馬の厳しい状況に悲鳴が上がる中、鞍上は安全策の大外へ。

 

対象的に、強敵と目された桜花賞2着のレッドディザイアは絶妙のタイミングで先行集団から抜け出す。
ブエナビスタからは遥か前方に位置しており決定的ともいえる差。
しかし、歴史的な名馬はそこから強烈な末脚を駆使する。

 

10頭以上を抜き去り残り200メートルで2番手グループを捕らえると、ライバルの桜花賞2着馬を猛追。1完歩ごとに差をつめて並んだところがゴールだったが、勝利を確信したかのうように手綱を緩めた安藤勝己騎手。最小着差とはいえ、安堵感は相当だっただろう。

 

ブエナビスタはその後、3冠こそ逃したものの3つのGTタイトルを積み重ねた。前記馬のように距離に不安がなく、能力が高いと桜花賞とオークスがリンクする可能性は高い。
今後も1冠目の上位馬が人気を集めるだけに、距離延長によるパフォーマンスの上昇、低下を見極めることが重要だろう。

 

おすすめ記事

競馬 勝馬ミリオン口コミ


  
競馬予想 ランキング