秋華賞(しゅうかしょう)過去データ

秋華賞過去数年のレース データ

秋華賞 データ

近年の秋華賞の勝ち馬を見ていくと、実力馬がしっかりと栄冠を勝ち取っている事が良くわかる。

 

2012年の秋華賞。

乱ペースを演出したのは小牧騎手騎乗のチェリーメドューサだ。
スローペースと見るや向こう正面から一気に先頭に躍り出て大逃げの体制を作る。

 

このような展開になった場合、多くの馬は追走に脚を使ってしまい、実力を出し切れない場合が多いが、主役の2頭は違った。

 

このレースで牝馬3冠を達成したジェンティルドンナと、同じく牝馬3冠全て2着となってしまったヴィルシーナ。
結局最後の直線はこの2頭のマッチレースという結果に終わった。

 

その前年、2011年の秋華賞。

のちに古馬戦線でも頭角を現すホエールキャプチャやマルセリーナなどの強豪を尻目に、あっと驚く結果を演出したのはアヴェンチュラだった。骨折で3歳春を棒に振ったが、無事であれば主役級の扱いをされたに違いない実力馬が、前走、休養明けの古馬との戦いになった1600万条件戦の圧勝劇と同様、G1でも強さを見せつけた1戦となった。

 

さらにその前年の2010年秋華賞。

 

ここを勝ったのはジェンティルドンナと同様に3歳牝馬3冠に輝いたアパパネだった。トライアルであるローズSでアニメイトバイオ、ワイルドラズベリー、エーシンリターンズに先着を許してしまったが、トライアルではムラ駆けする傾向がある事はアパパネにはよくある事。

 

本番では中団から大外を回って差し切るとう正攻法の競馬で、ジュベナイルフィリーズも合わせると4冠という記録を作った。

 

おすすめ記事

ファンファーレ 予想サイト 口コミ


秋華賞(しゅうかしょう)過去データ記事一覧

秋華賞 出走馬 当たるレース展開予想 2013

昨年は断然の人気を集めたジェンティルドンナが辛勝とはいえ3冠を達成して堅い決着だったが、今年は混戦ムードが漂う。人気を集めるのは最重要トライアルといえるローズS組。出遅れながら豪快に差し切ったデニムアンドルビーは、フローラS快勝、オークス3着の戦績からも能力は確か。ただし、スタートがひと息で常に最後...

≫続きを読む

 
  
競馬予想 ランキング