宝塚記念・過去、回顧

宝塚記念、過去のレース思い出

長距離レースの権威が年々減少しつつあるように思われる近年。春の天皇賞より有力馬が集まる春のグランプリ宝塚記念について、ここ最近のレースを振り返りながら傾向を探る。
過去10年で連対率6割の1番人気馬(3-3-1-3)この信頼度はかなりのもの。昨年の一番人気は明け4歳のオルフェーヴルで結果も1着。ウインバリアシオンなど同世代との格付けはすでに終了していて、ルーラーシップ、エイシンフラッシュ、トゥザグローリーなどの最強5歳牡馬世代との力関係が焦点でした。

 

2011年の一番人気はピークを過ぎたと思われていた5歳牝馬ブエナビスタで結果は2着。円熟期を迎えていたアーネストリーと、先述の最強4歳牡馬世代が相手でした。2010年の一番人気も4歳時のブエナビスタで結果は2着。オルフェ同様明け4歳向かうところ敵なしだったブエナですが、ドバイ遠征を含めた遠征の疲れからか、4歳牡馬ナカヤマフェスタに足をすくわれた格好。2番人気が春天勝ちのジャガーメイルだった事からも、この年は小粒な印象。

 

2009年の一番人気は変則2冠のダービー馬ディープスカイの4歳時で結果は3着。急成長中のドリームジャーニーと晩成で頭角を現してきたサクラメガワンダーなど、かなり実力拮抗した年でした。2008年の一番人気は凱旋門賞挑戦前の5歳メイショウサムソンで結果は2着。前年の菊花賞で好走した4歳牡馬勢が2〜4番人気を占め、距離適正から狙い目が絞りきれない年でした。

 

このように過去5年で見ると一番人気馬は馬券率100%。
GT常連で中距離のクラシックを制覇した馬が一番人気になった時には絶対に外せなそうだ。

 

 

おすすめ記事

ファンファーレ 予想サイト 口コミ

競馬 勝馬ミリオン口コミ

宝塚記念・過去、回顧記事一覧

2013宝塚記念出走、予想

秋の海外ビッグレースからちょうど良い間隔という事もあり、多くの有力馬が参戦する宝塚記念。今年は例年になく一級線の馬が揃いそうで、面白いレースが期待できるかも知れない。注目はやはり凱旋門賞挑戦を表明している2騎。オルフェーヴルの方は後一歩ですり抜けて行った昨年の凱旋門賞2着の借りを返すべく、天皇賞(春...

≫続きを読む

 

宝塚記念過去のデータから2013年6月23日レース展開を予想

春のグランプリ宝塚記念。今年のメンバーは例年にない好メンバーの構成。まずは昨年屈辱的な2着の凱旋門賞に向け、国内最後のレースとなるオルフェーヴル。凱旋門賞では外国人ジョッキーに乗り替わりが発表さえている池添ジョッキーにとっては、プライドに賭けても負けられないレースになる。レースは全馬がオルフェーヴル...

≫続きを読む

 
  
競馬予想 ランキング