天皇賞(春)過去データ

予想の参考に!天皇賞春の過去データ!

天皇賞春 過去データ

国内で行われる平地のGTでは最も長い距離で争われる。道中の折り合いに加え、鞍上の駆け引きも問われる一戦だ。

 

思い出深いのは1993年と95年に勝利したライスシャワー。1993年は長距離戦では絶対的な存在だったメジロマックイーンを破った。
1991、92年の同レースを快勝していたメジロマックイーンは、単勝1・6倍と圧倒的な支持を集め3連覇は濃厚といった様相。ただし、前走比12キロで430キロと小柄ながら研ぎ澄まされていた馬体で出走していたライスシャワーは、ライバルを終始見据える位置で進め、直線に入ると抜群の瞬発力を発揮し2馬身半差をつけて完勝した。

 

その前年の菊花賞で、ミホノブルボンの無敗の3冠馬誕生の夢を打ち破ったのと同様、絶対王者に土をつけた。
その反動もあってか、不振が続いたライスシャワーだが、2年後に鮮やかな復活を遂げた。やや無謀とも思える2周目の3コーナーからのロングスパートで、4コーナーでは後続とのリードを広げる。最後は一杯になりながらも、生粋のステイヤーともいえる同馬はゴールまでしぶとい粘りを発揮して、ステージチャンプの猛追をハナ差退けてGT3勝目を飾った。

 

そのいずれもが京都の長距離戦。坂の上り下りをうまく利用していた的場均騎手の手腕と頭脳プレーが光ったビッグタイトルともいえるだろう。
その後の宝塚記念のレース中に故障を発症し安楽死の処分が取られた同馬だが、鮮烈なレースぶりは深く記憶に残っている。

 

おすすめ記事

競馬 勝馬ミリオン口コミ


  
競馬予想 ランキング