天皇賞秋2013 出走馬レース展開予想

荒れる展開に?一攫千金をセグチャンスか?

傑出馬不在で難解な印象だ。

 

東のトライアル・毎日王冠を制したのはエイシンフラッシュ。
昨年の優勝馬でもあり連覇が期待されるが、距離ロスなく道中でインを追走したほうが持ち前の瞬発力が活かせるタイプ。枠順や位置取りがカギを握りそうだ。

 

メンバー最速の上がりをマークして半馬身差の2着まで押し上げたのがジャスタウェイ。6着だった昨年以上に力を付けている印象があり、チャンスは十分ありそうだ。1番人気ながら6着に敗れたショウナンマイティはやはり久々が影響した印象。

 

能力、決め手はトップクラスのものがあり巻き返しの可能性は高い。ただ、前走がマイナス18キロでの出走。500キロを切っての好走経験もあるが、馬体の回復が望まれる。

 

西のトライアルは京都大賞典。

 

こちらは断然人気を集めたゴールドシップが敗れて大波乱となった。勝ったヒットザダーゲットと2着のアンコイルドはここにきての地力強化は認めてもGTではやや荷が重いか。狙えそうなのはしぶとく3着まで押し上げたトーセンラーと、久々に見せ場を作った実績馬トゥザグローリーになりそう。

 

別路線組にも注目馬が多数。中でも今年6戦5勝のトウケイヘイローに期待したい。2000メートルの重賞を3連勝中。
折り合いに進境を見せて本格化ムードを示している。スピードはこのメンバーでも十分通用する感があり、さらに連勝を伸ばす可能性も。

 

昨年の牝馬3冠馬ジェンティルドンナは、ジャパンCのVからも牡馬相手でも実力は互角以上。
宝塚記念(3着)以来の実戦でも軽くは扱えないところ。宝塚記念2着のダノンバラードもオールカマーを使われての上積みが見込めるだけに、侮れない。

 

  
競馬予想 ランキング